支部長のごあいさつ

ようこそ皆さま。全日本写真連盟彩西支部のホームページをご覧いただき有難うございます。彩西支部の支部長を担当している金子昭です。

彩西支部は2007年4月に、当時埼玉県美術家協会で審査員を歴任されていた故新藤邦泰氏によって立ち上げられ、会員数21名でスタートいたしました。その後紆余曲折を経て現在は会員数26名で「志木市民会館パルシティ」に拠点を置いて活動しています。

講師の先生方の指導により会員の技術も向上し、今では各種公募展に入選や入賞を獲得できるようになりました。今後も写真を楽しみながら研鑽を重ねていきたいと思っています。

当クラブは楽しみ方に全く制約はありません。初心者もベテランも和気あいあい自由闊達にやっています。皆様のご入会を心からお待ちしています。

 

 

 

講師紹介

彩西支部では、全日本写真連盟の大野登先生に講師をお願いしています。 

大野登講師の略歴

・写真家・八木原茂樹氏、多田茂徳氏に師事。

・国際写真サロン、日本の自然、全日本写真展に入選、入賞など。

現在の略職

・全日本写真連盟関東本部委員。

・全日本写真連盟埼玉県本部副委員長。

・全日本写真連盟関東地区圏の複数支部及びアマチュア写真クラブなどで講師として活動中。 

 

 


彩西支部の活動

1.月1回の定例会

主なプログラムは各会員が2点の作品を持ち寄り互選会を行います。会員及び講師が持ち点を投票し順位を決定します。

順位の決定後、各作品について講師が作品講評を行います。会員は悲喜こもごも、定例会のクライマックスです。

年度末に1年間分を集計し「支部年度賞」を決定。全日本写真連盟と朝日新聞社連名の表彰を受けます。

2.年3回程度の撮影会

会員全員を対象に、1年に3回程度の撮影会を行っています。

同じフィールドで真剣勝負、昨日の仲間は今日の敵。みんな仲良く戦っています。

 

風景写真、スナップ撮影など撮影地は会員の意向を反映して決めています。イザ出陣。

 

3回の内1回は埼玉県本部主催の撮影会に参加する場合もあります。

 

 

3.年1回の支部写真展

1年間の総決算でもあり、これからの公募展などへの手ごたえを確認します。

 

嬉し恥ずかし、どれを出そうか悩みと喜びの時、迷ったあげくに珍作出品。

趣味の領域じゃ気楽に行こう!

 

とにかく先ず楽しむことが健康に良いとのこと。

 

 

4.各種フォトコンテストへの応募

彩西支部会員の入選・入賞は数え切れません。入選した時の喜びは一入です。右の作品(五つ子)は全国的に話題になりました。

 

長年待った初入選 愛する妻に伝えれば それがどうしたと無関心 嗚呼 趣味の世界もほろ苦い

 

彩西支部は必ずしもコンテストに応募するのが目的ではありません。自分だけの世界を楽しみましょう。

5.埼玉県本部例会・講習会・研修会への参加

全日本写真連盟(関東本部/埼玉県本部)主催の研修会・研究会等に参加しています。

 

 学んで知って  目からウロコが取れりゃ  口から講釈垂れ流す

        講釈タレテ嫌がられないように気を付けましょう、上には上がおりますぞ。ともかくステップアップいたします。                                           

6.その他

新年会、暑気払い、忘年会、何でもいいから食べよう会・飲もう会、でも彩西支部は酒飲みクラブではありません。

れっきとした真面目な写真クラブです。しかも初心者大歓迎です。入会してからカメラを購入された会員もいます。

 

写真のジャンルは無制限、全方位180本勝負!

単なる写真好きも、芸術作品を目指す本格派も彩西支部に大集合!


定例会の会場

彩西支部は基本的には月1回、第2土曜日に「志木市民会館パルシティ」にて定例会を行っています。

「パルシティ」は東武東上線・志木駅から徒歩約10分です。またバスも運行されています(昭和新道下車)。