彩西支部のニュース

 

彩西支部では11月10日(土)に志木市「パルシティ」において定例会を行いました。

今月の定例会では、会員25名中19名が参加し、メインプログラムの各セッションをこなしながら、首都圏ブロックの撮影会情報や、他支部の活動状況、佐藤親正先生の著書などが紹介されました。

 

また、撮影会幹事より、11月5日(月)に実施した秋期撮影会の予算報告が行われ了承されました。

 

更に1月に新年会の提案があり、1月12日(土)の定例会後に行うことで具体案を検討することになりました。

 

 

メインプログラム


互選会の実施

運命の互選会、一人2作品を提出し互選会を実施。

今月も優秀作品が多く白熱した戦いが繰り広げられました。

会員1ポイント、講師3ポイント、講師のポイントが得られるかどうかが勝負の分かれ目です。

 

講師の講評

互選会の結果を受けて、大野講師が一点づつ丁寧に講評。額に脂汗を流す者、褒められて上機嫌な人、悲喜こもごも、写真人生にも山あり谷あり、波乱万丈。

良くても悪くても常に前向き、健康的に楽しんでいます。

 

講師のテーマ講習

今月も横構図か縦構図かの続編。しかし今月は一歩踏み込んだ内容だ。横構図が理想と思われる被写体もレンズの焦点距離を変へれば状況は変わり、縦ベストとなる。

図形的な被写体や映り込みなどは撮った画像を90°、180°回転させて作品を仕上げるのも一手法だ。


トピックス


彩西支部秋期撮影会

彩西支部では、11月5日(月)に旧碓氷鉄道跡、熊ノ平~碓氷湖周辺での撮影会を行いました。志木出発時は天候が危ぶまれたものの、現地ではうってつけの好天で写真日和でした。さて、名作が生まれたのか、迷作で終わったのか? (会員は会員のページ「碓氷峠めがね橋周辺撮影会記録」を確認してください)

最近の受賞作品

第35回埼玉写真サロン

1.特選(県教育長賞):天野宏氏

 「清涼の飛沫」

2.準特選:谷村愛子氏

 「心踊る、水躍る」

3.   奨励賞:大野健一氏

 「渓谷のシンフォニー」 

4.奨励賞:榎本周二氏

 「残雪の光り」

第67回川越市美術展覧会

1.入選:天野宏氏

  「故郷の追憶」(表示画像)

  

2018埼玉県本部撮影会

フォトコンテスト

7月22日(日)、23日(月)に行われた、県本部の撮影会フォトコンテストでの彩西支部メンバーの結果。

1.朝日新聞社さいたま総局長賞:

  後藤やす子氏「今年はひとり」

2.準優秀賞:金子昭氏「花嫁行列

3.同:江渡輿志樹志「祈り」

4.入選:森川光江氏「粛々と」

5.同:青田志津江氏「最高の儀

   式」 (4.5.はギャラリーでご覧ください)

*画像は準優秀賞「花嫁行列」金子昭氏

*後藤氏作「今年はひとり」は縦構図のた めギャラリー(リンク)でご覧ください。

全日写連首都圏ブロック

撮影会

全日本写真連盟首都圏ブロックでは「撮ろう! 小江戸川越の正月風景」が開催されます。

 

撮影期間:2019.1.1~1.10

参加申し込み:各支部単位で

       12月20日まで

参加費:1000円/1人

開催本部:1月3日 10時~12時

     川越市中原町2-3-2

 


情報


2018.11.19(月)~25日(日)  ヌーベルバーグ写真展          埼玉市プラザノース ギャラリー 

                                               さいたま市北区宮原町1-852-1           


2019.01.10(木)~16日(水)       上尾支部写真展              上尾市民ギャラリーアリコベール2F

                                                                                                                                   上尾市宮本町2-1